シナモン〈Cinnamomum verum〉インド南部からスリランカ(セイロン島)にかけて野生 する常緑小高木。
生薬名は桂皮(ケイヒ)広南桂皮。成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロール、クマリンなどを含む。漢方では 汗を出させて熱を下げ、痛みをやわらげ、神経のたかぶりをしずめる。甘味があるので、薬用よりも香味料、製菓用に多く使われる。
また、インシュリンの分泌を促すプロアントシアニジンを含むので血糖値の高めな人にもよいとされています。

種 別クスノキ科
利用部位樹皮
効能発汗、鎮静、健胃、血管の修復と血管拡張効果、抗菌作用、血糖値安定、体内塩分調整
伝統的用途家庭用芳香性健胃薬の製薬原料